顔ニキビにヒルドイドローションとハトムギ化粧水が効く!

Pocket

顔ニキビにヒルドイドローションとハトムギ化粧水が効くのでご紹介していきます。

顔ニキビにこう悩んでいた!

小学高学年の頃から赤ニキビに悩むも金銭的な余裕はなく、ドラッグストアに売っている一般的なニキビに塗布する軟膏を使用するのみでした。どうしても気になってしまい、潰してしまうことも多々。中学、高校に上がるにつれてスキンケアに気を使うようになり、ニキビ肌用のものを次々と試していました。ただ、自分の肌質を把握しておらず、良くなることはありませんでした。当時、CMでよく流れていたプロアクティブに手を出したのは高校2年生ごろです。CMで謳っているように赤ニキビに一定の効果があり、使用を続けていましたが、完治には至らず、次第にアルコール成分が私には強かった事もあり、合わなくなってしまいました。色々試して行き着いたのは皮膚科での診察と保湿でした。洗いすぎによるインナードライを引き起こしていることがわかり、肌も弱くなっていたので、シンプルな成分での保湿成分と処方薬でようやく落ち着いています。

顔ニキビにヒルドイドローションとハトムギ化粧水が効く!

皮膚科の処方薬とハトムギ化粧水です。ドラッグストアにある治療薬では成分に限界があるのと、自己判断での購入になります。皮膚科で原因をしっかり見てもらい、そして定期的に通院し、経過の観察をしてもらう事で、やみくもに自分で探し求めるよりも確実で、なおかつ完治の近道だと感じたから。ハトムギ化粧水はドラッグストアに行けば、ほぼ確実に大容量のものが安価で手に入るので、惜しまず使用して保湿を怠らないようにする事で、肌を弱らせないようにすることが出来ていると感じたから。肌を弱らせないようにして、ニキビの出来にくい肌作りを試みました。

ヒルドイドローションとハトムギ化粧水の使用方法

医師の処方を守り、ヒルドイドローションを指の第一関節分の量を朝晩の1日2回塗り、化膿したニキビにはダラシンを塗布しています。長年の成分の強い基礎化粧品の使用で、肌が薄くなり、乾燥による頬の赤みが強いので、夜に1回ロコイド軟膏というステロイドを第一関節分の量塗っています。ハトムギ化粧水は朝晩大きめの綿100%のコットンにヒタヒタになるまで出して全体を擦らないように気をつけて優しくタッピングしています。頬や鼻などは日中も乾燥が気になるので、ヒルドイドローションを薄く塗って、乾燥しすぎないように気をつけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です